ソフト闇金レインボーキャッシュでは総量規制オーバーでもOK!

ソフト闇金レインボーキャッシュでは金融ブラックリスト登録掲載とされている方で社会人であり現在定職をお持ちの方で給料収入が少ない場合でも毎月の固定的な収入であれば融資の対象者です。また金融ブラック登録の一歩手前の段階とも言える総量規制に達してしまい、これ以上の融資申し込みを断られる方でも融資の相談が可能です。その場合の金策の手段なども合わせてお知らせします。

総量規制とは個人の正規融資の限度額とも言えそうです

一昔前まではその規制はありませんでした。沢山借り入れをしても上手くやり繰りしていた人も多かったでしょうし、その規制が出来て落胆、どちらかと言うと落胆と思われる方も多いのかもしれません。消費者金融からの融資を一例にすると、規制前での会社員男性30歳年収350万円年2回ボーナス込み、借金無しローン無しで初めて消費者金融各社へ借りれるだけ融資の相談をしたとします。CMなど行う大手と言われる所から申込みのはしごをしたとして50万円を上限の融資申し込みで5社からの融資がすんなりと通った。準大手の業者と言われる所へ仮に融資の相談を行っても1~3社からの融資は可能だっただろう。規制前では数社に申し込むことで200万円~400万円などそれ以上でも融資成立が可能だった、更に借り入れの知識がある方ならばもっと多い金額が借り入れが出来た時代だとも言われます。しかしその反面、収入と支払いのバランスが崩れた状態、債務超過状態となり支払を滞るようになる、滞納する人が増える、自己破産や債務整理をする人が増える、自分で作った借金を支払えなくなる人も単純に増えてその尻拭いは税金で対応する事も問題とされて、減らすために余裕持った上限を設置し規制を設定しましょう。と言う事につながり、総量規制が設置されました。

個人の信用情報を管理する機関は管轄があり3機関の存在があると言われています

その管理機関はJICC、KSC、CICで主に消費者金融からの融資を管理、クレジットやローンなどを管理、銀行系キャッシングを管理、それぞれの個人の信用状況を管理しています。消費者金融からの融資とクレジットカードを管理する機関は別扱いされる等聞いたこともある方も多いかと思いますが、それは情報を管理する機関が別と言う事になります。

総量規制は個人の年収の約三分の一を上限に定めている

300万円が年収なら100万円がその上限。これ以上の追加融資では規制に掛かるようであれば、必要書類の提示収入明細書などを求められる、連帯保証人を求めらたり、自分の意志で自由に融資の相談が出来る範囲を超える事になります。

それぞれの信用情報にそれぞれの融資の上限が存在する!?

一見消費者金融の融資とクレジットカードでは使用方法が違うとも思えますが、クレジットカードのシステムでクレジット枠、買い物枠など分けられている事があります。つまりクレジットカードを提供する会社によっては現金の貸付枠も提供している場合もあります。裏技的発想では、その現金枠にもそれぞれ総量規制があると考えると単純に年収300万円の方でも300万円が個人の融資の上限とも言えそうですね。試してない状況での総量規制ならば一度申し込んでみるのも金策の方法と言えそうです。

裏技的な金策は他にはないのだろうか

総量規制に達する→やり繰りに行き詰まる→支払いが滞る→金融ブラック登録される→登録されると通常の融資は不可能になる。総量規制に達してしまい借り入れに行き詰まれば支払いにも影響が出るかもしれない、滞れば金融ブラックもありえるかも。開き直ってそうなっても構わないと思う前に金策の知識は良いも悪いも持っておくべきです。金融ブラック前ならば他に金策の選択肢はあります。金融ブラックとなればソフト闇金融などからの融資などその選択肢にも限りが出ます。なるべくならばブラックとなる前に金策のベストを尽くす、その方法を知る、試す。金融ブラックを回避する手立ては行うべき、踏ん張り時とも言えそうです。

全ては試した本当の意味で総量規制一杯までに達した

金融ブラック登録とされて管理されるのか、なんとか金融ブラックを回避する事が出来るのか。いわば全ての知識を用いて金策を試した、もうほかの手立てはないはず、最後の攻防とも言える所まで達した。金融ブラックとされた方によると何かと不便で大変だと皆さん言われてますので、回避できるなら回避するべきです。ステイタスを守るためのソフト闇金融利用も最終の選択肢と言えそうです。実際にその状況でご利用されている方も居ますし、無事回避に出来た方も多いです。方法がある内に先手の意味の融資相談でもお任せください。お力になります。