金相場が過去初の1g7,000円突破!

過去最大額の1g 7,000円突破!

最近のニュースで気になったネタを書きます。

金相場が過去最大額の達成したようですね。背景には安全資産に逃がしている可能性との事、原因として個人的にはコロナ、中国情勢などが背景にあると思っています。それと国が発行しているお金も相場制なので日々お金のレートは異なっています。

現在は1ドル=107円あたりですね。例えば中国の今後の動向が不安であれば元から金へ流れて行ってもおかしくはありません。

金相場の最安値は?

因みにコロナ騒動前の2019/01/04は1g4,800円あたり、また最安値はバブルが弾けた1991年には1000円台に突入し、最安値は1998年1g865円

となっております。現在がまさに最高額付近を推移している状況なんですね。恐らくコロナ騒動、中国の動向次第ではまた金相場も下がっていくのではと推測しています。今後の金相場の動向から目が離せません!

参考記事毎日新聞

金価格、初の7000円突破 新型コロナで「安全資産」の需要増